2011年1月15日土曜日

その7 セミダブルベッド(足付きマットレス)



 
私は布団派だったので、一人暮らしを始めるときに布団を抱えて(!)始発で引越し先に運び、会社に行って帰ってきて、何も無い部屋に布団だけ敷いて寝る、というのが、一人暮らしのスタートでした。
 
けっこう趣き深いものがあります。
夏だったから、まだガスが使えなくても水風呂でいけた(笑)

そして2年近くは布団で寝起きしてたわけですが、どうにも安普請のアパート1階では湿気がひどく、布団が湿っていました。
あと、当時ちょっと部屋をおしゃれめにしたい事情があった。
なぜシングルではなくセミダブルかということです。

そこでセミダブルベッドを思い切って買ってみました。もちろん通販です。
ベッドつーか、足付きマットレスですが。安いし。

部屋が狭くなる・・・と思ったけどそれは諦めて。

と こ ろ が

ベッドを置いたら逆に部屋が広くなりました。

なぜか。

「ベッド」というのは布団と違って隅っこに押しやったりできないので、「ベッドの上の空間」は、必然的にスペースが確保されるのです。

いくらガラクタが押し寄せても、ベッドによって鉄壁のフィールドが築かれ、上空の空間も守られることになるのです。

ちなみに、壁ぎりぎりにこういうマットレスを置くと、こすれて色が壁に染みつくという憂き目に遭います。私は黒いマットレスだったので大変でした。
壁からちょっと離すか、壁との間に何かを挟むかしましょう。
 
2009/8 追記:「長い脚を」
引っ越しを機に気付いたので追記。


ベッドマットレスは、オプションで長い脚に付け替えられることがあります。
互換性は店・製品次第なので注意。

長い脚にすると何がいいか?

ベッドの下にfitsケースの18cmの小さいのが入るのですよ。ベッドがセミダブルなら、フィッツケース(S-53)が8個入ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿